乾燥肌 敏感肌

クラウンセルクリーム〜口コミ評判・成分効果・使い方・定期解約〜

クラウンセルクリーム

肌の乾燥に悩む人はとても多いです。

誰しも冬の湿度の低い時期になると肌は乾燥に傾きますし、年齢を重ねれば誰しも肌は乾燥へと傾くものです。

体質的に肌が乾燥しやすい人は、尚更、そんことに過敏に実感することでしょう。

では、肌が乾燥するとは、どのような肌の状態を言うのでしょう。

そして、それはどのような原因で起こるのでしょうか。

この記事では、セラミド配合化粧品の中で意外と評判の高いクラウンセルクリームの効果や特徴を、乾燥肌敏感肌の基本的なことを合わせて説明していきますので、悩んでいる人は参考にしてみてください。

通常

乾燥肌と敏感肌

表皮層

クラウンセルクリームの効果や特徴を説明する前に、乾燥肌・敏感肌について、基本的なことをまとめていきます。

肌の水分を保持する役割を担う要素として、セラミド約80%NMF約18%皮脂約2%と言われています。

つまり、角質層内のセラミドやNMF(天然保湿因子)が減少することが肌の乾燥の主な原因です。

セラミドやNMFが減少する原因は、もともと生成量が少ないという体質的なものもありますが、主に加齢による肌細胞の老化に伴って、代謝能力が落ちることで減っていきます

年をとるとターンオーバーが長くなりますが、それはまさに細胞の老化による代謝能力の低下そのもので、おまけに、この肌の水分量が低下した状態では、垢となって剥がれ落ちる際に働く、タンパク質分解酵素の働きも弱まり、角質が剥がれずにいつまでも引っ付いていますので、角質の肥厚化が起こります。

なので、乾燥や角質肥厚による小じわやくすみは、典型的な年齢肌のサインと言えます。

したがって、細胞分裂能力が低下するため、表皮自体は薄くなりますが、角質細胞が肌から離脱しないため、その分、角質が分厚くなる、これが加齢による年齢肌の大きな特徴になります。

また、加齢により、ホルモンの分泌量の低下から皮脂の分泌量も低下することが、肌の乾燥を後押しします。

余談ですが、冬場には大気が乾燥するため、肌内部から水分が出て行きやすく、しばしば肌が粉吹いたりしますが、これも同じ原理です。

どちらの場合も肌の水分量を増加させるようなケアで、タンパク質分解酵素の働きを戻すことがカギです。

正常な肌と乾燥肌

本来、角質層は、水との相性が良いアミノ酸を主成分とするNMF(天然保湿因子)を含む角質細胞(レンガ)とセラミドを主成分とする角質細胞間脂質(モルタル)とがレンガ構造のように積み重なることによって、角質層内に水分を保持し、これと肌表面の皮脂膜との調和によって、肌のバリア機能が発揮されます。

しかし、セラミドやNMFが減少すると、このレンガ構造が崩れ、隙間の多い構造となり、その隙間から水分が蒸散し、同時に、外部刺激にも敏感となります。

つまり、乾燥肌と敏感肌は表裏一体の関係にあるのです。

なので、もしセラミドが不足するならば、それを補うことがとても有効なケアになるでしょう。

しかし、セラミドが不足する原因は、体質や年齢によるものだけではなく、自らが減らしているというケースも少なくありません。

角層は一番外側にあるため、容易に干渉可能です。

つまり、洗顔やクレンジングで容易に洗い流されてしまうのです。

また、大気の影響(湿度)を強く受けることも見逃せません。

ですから、セラミドが不足する・している原因が自分にある場合、まずは肌に最も負担のかかる洗顔とクレンジングの見直しをする方が先決です。

セラミド配合の化粧品で保湿をするよりも何よりもまず、肌に最も負担のかかる洗顔とクレンジングで肌内部のセラミドを守ること自体が肌の一番の保湿になります。

逆に言えば、肌に最も負担のかかる洗顔とクレンジングで肌内部のセラミドを守る、それにプラスして、セラミド配合の化粧品で補うからこそ、化粧品に備わる効果を実際に肌で実感でき、自分の肌の弱い部分の改善がなされるものと思います。

洗顔とクレンジングで肌内部のセラミドを守る最大限の努力をし、それでも足りないようならば補う

この姿勢がとても大切だと思います。

以上が乾燥肌・敏感肌の極々基本的なことになります。

そして、その足りないセラミドを補うアイテムの一つが今回ご紹介するクラウンセルクリームです。

通常

クラウンセルクリームの効果

クラウンセルクリーム

セラミドは脂質である一方、水との相性の良い部分を併せ持っています。

そして、そのような脂質同士がー油ー水ー油ー水ー油ーというようなサンドイッチ構造(ラメラ構造)を築くことで、肌内部に水分を溜め込んでおくことができるのです。

裏を返せば、この水をキャッチする相手がいない状態に保湿をしても、肌に留めておくことができないため、水分が蒸散し、乾燥を実感してしまうのです。

そして、このような水分を豊富に含んだ角質層と肌表面の皮脂膜との調和により、バリア機能は発揮されます。

つまり、私たちの目指すべき肌の状態というのは明白で、このような構造を角質層に築くことです。

なぜなら、それが美肌と呼ばれるものの正体でもあるからです。

ゴールが見えている以上、やることも限られており、角層の状態を整える上でその邪魔をしている要素を徹底的に排除する、それでも目立つようなものにだけ適切なケアを施す、これが美肌への定石です。

その補うものの一つのアイテムとして、クラウンセルクリームがあり、その特徴はなんと言っても、角質細胞間脂質であるセラミドを肌に補給することです。

クラウンセルクリームの特徴

クラウンセルクリーム

クラウンセルクリームは、人の細胞間脂質(バリアー成分)に一番近い選りすぐりの成分で出来ています。

そして、人と同じ構造を持つセラミド3γリノレン酸ヒアルロン酸を主体に、処方全体で肌本来の力をサポート。

サラっと、でもしっとりとした仕上がりを実感して下さい。

2週間で肌自ら潤いを創り出す… 与えるだけの保湿から逃がさない保湿へ。

クラウンセルクリームの詳しい解説はこちら!

クラウンセルクリーム 全成分

水、セタノール、BG、ラウロイルグルタミン酸ジ、 オクタン酸セチル、グリセリン、トリオクタノイン、 ペンチレングリコール、PCA-Na、セラミド3、ムコールシルシネロイデス油、トコフェロール、 キサンタンガム、ヒアルロン酸Na、ヒドロキシステアリン酸コレステリル、水添レシチン、 ステアリン酸ポリグリセリル-5、ジメチコン、 バチルアルコール、メチルパラベン、プロピルパラベン

クラウンセルクリームの口コミ

知名度こそ、そこまで高くないものの、サロン品質なだけあり、使用者からの評判は高めでした。

硬めのテクスチャーで、最初は戸惑いますが、使っているうちに慣れ、さらに伸びが良いので、コスパ高めという声も。

やはり、細胞間脂質を補うというクラウンセルクリームの特徴から、乾燥肌の方におすすめの商品です。

通常

クラウンセルクリームをお得に購入する方法!

クラウンセルクリーム

クラウンセルクリームが買えるのは、公式のみです。

品質や特典を考えても、公式以外からの購入は経済的ではありません。

初回限定75%OFF!

クラウンセルクリームのお試しという位置付けで、定期コースで購入すると、通常5200円(税抜)が、初回限定75%OFF1300円(税抜)でお試しになれます。

また、定期購入継続で、2回目以降も21%OFFで購入できますので、気に入ったなら定期コースで続けるのがお得ですし、実際、利用者の97%がこの定期コースを利用しています。(さらに送料も無料!)

なお、購入縛りはありませんので、2回目が届く10日前までに解約や休止をすれば、初回限りで取り止めも可能です。

ですが、ある程度の期間同じ化粧品を使用しての肌のターンオーバーによる肌の状態を観察しなければ、その化粧品の持つ本来の働きがわかりづらいので、一度使って気に入ったのならば、少なくとも半年は同じものを使い続けることをお薦めします。

そもそもクラウニング・シーズ(販売元)がよくあるトライアルなどの小期間のお試しを用意していないのは、そのような理由からです。

30日間の全額返金補償

ですので、安心の30日間の全額返金補償が受けられます。

本商品を使用して、肌に合わなかった場合は、商品到着後30日以内にお電話でご連絡してください。

詳細は、以下のお問い合わせまで。

クラウニング・シーズ公式〜お問い合わせ〜

クラウニング・シーズ公式〜定期コースの解除について〜

通常

クラウンセルクリームはこんな人におすすめ!

クラウンセルクリーム

夜スキンケアをしても、朝になるとカサつく

ケアをしてメイクしても崩れやすい

気を付けて洗顔をしても、つっぱる感じがする

目元や口元はさらにカサカサ

白っぽい粉を吹いたようになることがある

通常

-乾燥肌, 敏感肌
-,

Copyright© 化粧品コスメのすすめ , 2021 All Rights Reserved.